FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/03/24

四国旅行 その2


その2です。


汗ばむ陽気の中、金毘羅山の本宮を後にします。

IMGP2602_20180324190138877.jpg

IMGP2604_20180324190139429.jpg

IMGP2613.jpg

登ってきた階段を上から見下ろすと、結構な登りだったことがわかります。
この階段を、部活の学生が全速力で駆け上って行きましたが・・・元気あります。(^^;)

DSCF4555_2018032419011332b.jpg

階段を下りきったあたりで、「おいりソフト」を頂きました。
おいり、という米菓子がたっぷりかかったソフトクリームです。

おいり自体がちょっと甘めのお菓子で、見た目的にも味的にも、女子ウケするソフトでした。
もちろん、妻は大喜びで食べてました。( ´∀`)

甘さは控えめですので、男子でもいけます。(笑)


参拝を済ませて琴平駅まで戻ったら、列車を乗り継いで道後温泉のある松山へ向かいました。

DSCF4585.jpg

松山駅でアンパンマンがお出迎え。

DSCF4588.jpg

ぎゅうぎゅう詰めの路面電車に乗って、道後温泉駅へ。
道後温泉の商店街に着くころには、薄暗くなってきていました。

DSCF4593_20180324190119787.jpg

宿に荷物を預け、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉へ、今日の疲れを落としに行きました。
昔からある本館から、歩いて約3分離れた場所にある別館は、去年出来たばかりの綺麗な建物でした。

と言いますか、豪華すぎて温泉施設に見えません。(笑)

DSCF4596_201803241901227c6.jpg

DSCF4594_20180324190121bcb.jpg

DSCF4597_20180324190124062.jpg

温泉につかり、大広間でお茶菓子を頂いて、この日やっと落ち着けた気がしました。
やっぱり温泉は良いものです♪( ´∀`)

しかし、内装が豪華すぎて自分的にはあまり落ち着けず。(笑)
ひなびた温泉とかの方が好きですから・・・。(^^;)

別館で小休止をして、夕食をとるために再び道後温泉駅へと向かいます。

DSCF4599.jpg

別館の上で光ってました。
ホントに豪華な、温泉施設でしたね~。

DSCF4600.jpg

DSCF4602_2018032419012817e.jpg

すっかり暗くなった、道後温泉駅。
駅舎の中にはスタバが入っていました。

DSCF4603.jpg

路面電車で松山市内へ出て、釜焼鳥本舗というお店へ。

DSCF4606_20180324190131c34.jpg

妻が、どうしてもこの鳥料理を食べたい、ということでやってきたのですが・・・いや~、最高でした、ビールにがっつり合う料理です♪
とても香ばしい焼け具合、スパイスもほどほどに効いて、たまらない美味しさでした。(*´Д`*)

DSCF4612_20180324190133268.jpg

お腹を満足させた後は、再び路面で道後温泉の宿へ戻って、グロッキー・・・足が痛いです。(´・ω・`)
運動不足がたたってます。(笑)

DSCF4616_201803241901345c5.jpg

翌日も別館を見ましたが、ライトアップされた時とはまた違った雰囲気を出してました。

DSCF4617_20180324190136ada.jpg

何度見ても、立派な建物です。

IMGP2624.jpg

IMGP2628.jpg

一旦、道後温泉駅の近くにあるロッカーに荷物を預けるために、駅にやってきました。
ここには、坊ちゃん列車がおいてありました。
運行していない時間帯は、こうして展示しているみたいです。

ミニチュアのような、かわいい機関車ですね~。

IMGP2638.jpg

さて、いよいよ本館のお湯へ。
こちらは豪華さというよりも、昔ながらの趣のある建物です。

IMGP2642.jpg

入り口です、こちらの本館にも・・・。

IMGP2645.jpg

ありました、別館にあったものと同じ白い鳥の彫刻。
この塔屋は、振鷺閣(しんろかく)と呼ばれているそうでして、白い鳥は白鷺とのことでした。

その振鷺閣がある神の湯本館棟は、明治27年に作られている、歴史ある建物です。

残念ながら、館内は撮影禁止との事で・・・割愛をさせていただきます。m(_ _)m
ですが、一言だけ・・・趣のある内装は、一日中ゆっくりとくつろぎたくなるような、そんな造りでしたよ~。

IMGP2651.jpg

本館を堪能した後は、再び外観を堪能します。
白鷺と、玉ねぎに似ているのは「玉の石」をモチーフにしたものです。

IMGP2652.jpg

玉の石は、湯をかけながら願いを唱えると、願いが叶うというものらしいです。
ここでも、道中の安全を祈願しました。(^-^)


その3へ、続きます。
ご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。