微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?
トライアンフ タイガー800XC に乗っております。キャンプ場でプリン作ります。(`・ω・´)
北海道ツーリング その5
その5です。


DSCF1407.jpg

朝起きると雲海が。
疲れはとれないまま、北海道での最後の日となりました。

DSCF1411.jpg

富良野の富田ファームへやってきました、こんな看板、初めて見ました。(^_^;)

DSCF1418.jpg

ラベンダー♪
鮮やかな紫が映えます。

DSCF1421_20150719150405eac.jpg

DSCF1427.jpg

DSCF1438.jpg

他にも、色とりどりの花たちが。( ´∀`)
じっくりと堪能させていただきました。

DSCF1448.jpg

次は映画の舞台へ。

DSCF1454.jpg

ぽっぽや、ですね~。
映画を見たことはありませんが、原作の小説は読んでましたので、なんとなくイメージはわきました。

幌舞駅の名称は映画用で、実際の駅名は幾寅駅です。
駅舎の周りには、映画で使用されたほかの建物も建っていました。

DSCF1461.jpg

駅は無人駅で、駅員さんがいたであろうスペースを見ることができました。
小さいですが、落ち着ける感じの駅です。

DSCF1465.jpg

DSCF1470.jpg

狩勝峠で絶景を眺め・・・。

DSCF1477.jpg

幸福の黄色いハンカチのロケ地へ。
この映画は見たことがあります・・・小学生の時に見ましたので、うろ覚えですが。(^_^;)

DSCF1479.jpg

赤いファミリア。
建物の中に保存されてまして、とてもきれいでした。
驚いたのは壁一面に張り巡らされた、黄色い紙に書かれた観光客のメッセージカード!
壁だけでなく、天井にもびっしり貼られていました。

DSCF1485.jpg

高速に乗り、北海道での最後の観光地、小樽へ。
フェリー乗り場にバイクを置いて、散策します。

DSCF1484_20150719151506a50.jpg

足袋を履いて。(爆)

どう見ても農作業に行くオッチャンの格好ですな。( ´∀`)
バイクのブーツではちょっと歩きにくいですので、靴を・・・と考えた末、これになりました。(笑)
格好さえ気にしなければ、携帯性は抜群!しかも軽い!(`・ω・´)

なお、主催者の方からは離れて歩け、とご期待通りのお言葉を頂戴いたしました。
そしてこの後、回らないお寿司屋さんに突入して(以下略にさせてくださいお願いします)

DSCF1492.jpg

DSCF1486.jpg

DSCF1488.jpg

小樽の街並みをのんびり散策しながら、今回の旅もこれで終わりだな~と、感傷が押し寄せてきます。
とりあえず、体力つけないと・・・この時点でも、疲れによるであろう体調不良がまだ続いとりますので・・・。(^_^;)

DSCF1496.jpg

フェリーの時間も近づいて来ました・・・。

DSCF1512.jpg

有名な小樽運河を最後に、北海道でのツーリングが完了しました。

この後はフェリーで舞鶴まで戻りました。
翌日の21時半、舞鶴着・・・その後、仮眠をとりつつ夜走り、次の日のお昼ごろに無事に帰着いたしました。

舞鶴からの夜間走行はきつかったですが、夜走ったのは正解でした・・・日が上がると、蒸し暑くてたまらなかったですので。(^_^;)
北海道では寒かったですが、ここだけはメッシュジャケットで正解でした。(笑)

それにしてもタイガー、去年の夏場は走らなかったので気づきませんでしたが、エンジンからの熱が半端なかったです。
空冷のボンネビルの比ではなかったです・・・まあ、ボンネビルは冷却ファンがなく、タイガーは水冷でファンがついていて、ファンの向きの関係かもしれませんが・・・夏場の長距離は覚悟せねばならないかもしれません。(;´Д`)


以上、北海道ツーリング記でした。
終わった直後の感想は、全員無事に帰ってこれて良かった、でした。
事故もなく、故障もなく・・・それが一番ですね~。

寒かったり、体調不良になったり・・・いろいろありましたが、良い思い出の範疇です。(^-^)
チャンスがあればまた行きたいですね~、でも、その前に東北を攻めないと・・・。(^_^;)


長い記事、お付き合いいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
北海道ツーリング その4
その4です。

DSCF1325.jpg

この日は快晴♪
本日は天塩から富良野まで走ります。

DSCF1329.jpg

途中山のほうへ行く道へ入り、峠の駐車場で休憩です。
久々のくねくね道でした、カーブの曲がり方を若干忘れかけているという。(笑)
これまで直線路ばかり走ってましたので・・・。(^_^;)

DSCF1333.jpg

電気が来ていないんでしょうね~、ソーラーで発電して携帯の電波を・・・。

DSCF1334.jpg

旭川の花ちゃんというお店で昼食。

DSCF1335.jpg

ゲソ丼♪
イカがやわらかくてボリューム満点、しかもこれで400円♪

DSCF1337_20150717105508ef7.jpg

美瑛はセルフじゃなくてセレブじゃなくてぜるぶの丘。

DSCF1342.jpg

DSCF1352.jpg

DSCF1348.jpg

コスモスが咲き、遠くに見えるは十勝岳・・・絶景です。(^-^)

DSCF1359.jpg

近くには、ケンとメリーの木・・・CMは見たことがないですが、よく耳にする木です。

DSCF1369.jpg

セブンスターの丘。
絶景ですが、この辺りの道はややこしく、結構ぐるぐる回りました。(^_^;)

DSCF1374.jpg

十勝岳の近くにある、青い池です。
実はこの辺りから旅の疲れがどっと出てきました・・・。

DSCF1378.jpg

滝とか。

DSCF1391.jpg

展望所で十勝岳を見ましたが、グッタリでして・・・。

DSCF1399.jpg

宿に入り露天で夕日が沈むのを見るも、ぼーっとしたまま・・・。
夕食を食べ、早々に眠りにつきました。

今思えば、連日かなりの距離を走っていました、この日も400キロ近く走りましたし、疲れが出てもおかしくない状況ではありました。
宿の食堂にあった血圧計で計ったら、上が81で下が50くらいでした・・・死ぬ寸前やないですか、これ。( ´Д⊂ヽ

この疲れが結局、家に帰着するまで尾を引くこととなります・・・。

DSCF1405.jpg

いろはすハスカップ、俺に力をくれ~。

その5へ続きます、次が最後です。
ご覧いただきまして、ありがとうございました。
北海道ツーリング その3
その3です。

台風が近づいて来ました、皆様お気をつけ下さいませ。
速度がゆっくりというのが、厄介ですね。(^_^;)


さて、この日は7月7日、七夕です。

DSCF1165.jpg

雨です。(泣)

今日はサロマ湖から宗谷岬、稚内を経由して天塩まで行きます。
そして、この日が今回のツーリングで一番寒い日となりまして・・・道路の電光掲示板での気温は10度でした。
・・・カッパを着たくらいでは寒さはあまり防げず・・・。

DSCF1166.jpg

しかも、泥んこに。(大泣)
まあ、アドベンチャーバイクっぽくはなりましたが。(笑)

しかも道を間違えるという・・・。(^_^;)
北海道の道は曲がり角一つ間違えただけで、えらい目にあいますね~・・・だいぶ時間をロスしました。

DSCF1170.jpg

元の道に戻るも、天気は悪いまま・・・。

DSCF1173.jpg

給油。
アナログのメーター、しかもハイオクだけの機械は珍しいな~、と思って撮りました。

DSCF1198.jpg

どこかの直線路・・・場所はよくわかりません。m(_ _)m
ツーリング部隊と合流後のルートは、ろくに勉強してなかったですので♪(オイ)

DSCF1200.jpg

こんな感じの牧草地がずーっと続いてました、景色が変わらないんですよ・・・。(驚)

DSCF1203.jpg

猿払の道の駅です、この辺りから雨が上がって晴れ間が見えてきました。
寒いのは相変わらずですが。(^_^;)

DSCF1204.jpg

DSCF1205.jpg

味は文句なし、おいしかったです♪
これぞ北海道♪

DSCF1209.jpg

そしてついに宗谷岬着。
さらには、このあたりだけ見事に晴れ!
悪運日頃の行いの賜物か・・・神様の気まぐれ?(笑)

DSCF1214.jpg

樺太がうっすらと見えました。
遠くまで来たんだということが実感できた瞬間です。

DSCF1236.jpg

宗谷岬から丘のほうに上がり、

DSCF1243.jpg

風車や牛を見ながら快走♪
ここ、とっても良い道でした。(^-^)

DSCF1256.jpg

DSCF1259.jpg

稚内、ノシャップ岬。
レーダー基地らしきものがありました、ちょっと異様な雰囲気です。(^_^;)

DSCF1272.jpg

県道・・・じゃなかった、道道106号の道を行きます。
稚内から海沿いを南下していく道になります。

天気が良くなってきましたので利尻富士も期待しましたが・・・こちらは雲がかかって見えず。(´・ω・`)

DSCF1274.jpg

ですがこの道、すごい直線!そして景色が変わらない!(^_^;)

DSCF1296.jpg

タイガーも喜んでそうです♪

DSCF1279.jpg

遠くには風車が・・・いったい何基あるんでしょう?

DSCF1303.jpg

近づいてみると・・・20基くらいあるでしょうか、壮観です。


宗谷岬も感慨深いものがありましたが、直線路にも感動した一日となりました。
叶うことなら、いつかもう一度走ってみたいところでした。


その4に続きます。
ご覧いただきまして、ありがとうございました。