fc2ブログ
2018/03/22

四国旅行 その1


ご無沙汰しております、いきなりですが相変わらずバイクには乗ってません。(オイ)

昨日、今日と少し寒くなりましたが、もう暖かくなる一方でしょうね~。
桜の開花予想も各地で始まりましたし、春も目前です♪


そして、開花予想がまだ発表されていなかった先週のある日、妻と四国に旅行に行ってきました。

久々に、列車での旅行です・・・車だと行程的にちょっとしんどくなり、バイクは妻が乗りたくないらしく・・・列車と相成りました。(^^;)


お天気は快晴、暑いくらいの絶好の旅行日和の中、まずは新幹線で岡山へ。

IMGP2535.jpg

岡山からは、特急「南風」で四国に渡ります。

DSCF4528.jpg

と、たまたま新幹線ホームにエヴァ仕様の新幹線がおりました。(ちょっと見にくいですが)
エヴァ仕様の新幹線、今年の5月までらしいですので、乗られたい方はお早めにどうぞ~♪


特急「南風」で瀬戸大橋線を渡り、琴平駅で下車しました。
小一時間での到着です、きれいな瀬戸内海を見ながらの、あっという間の時間でした。
なお、その時の写真はブレブレの模様。

DSCF4541_20180322164016e4e.jpg

DSCF4545_201803221640193b4.jpg

琴平駅からは、歩いて金毘羅宮を目指します。

DSCF4546.jpg

が、まずは腹ごしらえ♪
腹が減っては、階段を登れませぬ。(`・ω・´)

DSCF4547.jpg

ぶっかけをいただきました、思ったよりもコシは無く、個人的にはちょっと物足りなかったですが、やはり讃岐うどんは美味しいですね~。
レモンの酸味が良い風味を出してました♪

IMGP2542.jpg

さてさて、腹ごしらえの後は、ひたすら階段を登っていきます。
御本宮まで785段!
日頃の運動不足に負けるな、俺!(笑)

金毘羅山は初めてな自分なのですが、道中は階段ということで何も無い山の中の階段を上がっていくんだろうな~、と想像しておりましたが、こんなに出店があるとは驚きでした。
それだけ、参拝される方が多いんでしょうね~、事実、平日にもかかわらずたくさんの人が階段を上り下りしてました。

IMGP2545.jpg

咲きかけの梅が・・・暖かくなってきたな~、と思わせる・・・どころか、この時点で暑い!(^^;)
後で知ったのですが、この日は20度くらいまで気温が上がりました。
半袖でも丁度良いくらいの気温でしたよ~。

IMGP2554.jpg

中間地点の大門が見えてきました、あと半分、まだまだ体力は残っています。(^-^)

IMGP2562.jpg

大門の近くに、一本だけ咲いている桜がありました。
暑いくらいですので、今まさに咲きつつあるように思われました。

そして、今月の下旬には・・・。

IMGP2567.jpg

IMGP2571.jpg

大門を抜けてすぐの通りが、桜並木になると思われます。
見てみたいですが、物凄い人であふれそうなので、個人的にはパスしたいです。(^^;)

IMGP2572.jpg

ひたすら黙々と登り・・・。

IMGP2579.jpg

やっとこさ、御本宮が見えてきました。
息は上がっているものの、無事に上りきることが出来ました。

IMGP2588.jpg

御本宮からの眺め。
春霞なためか、イマイチな景色となりましたが、自分の足で登ってきたと思うと、良い景色だな~、と思ってしまいます。

IMGP2590.jpg

遠くには、特急列車が・・・なんだか、のどかです。(^-^)

DSCF4549_2018032216402397a.jpg

IMGP2581.jpg

IMGP2582.jpg

小休止して、体が休まってからお参りをしました。
道中の安全を祈願します。

ここからは階段を下るのみです、足の負担は増えますが、息は上がらないですので、ラクチン♪

DSCF4552.jpg

御本宮からすぐの所に、旭社というところがあります。
個人的には、こっちの建物の方が立派な気が・・・。(^^;)

IMGP2593.jpg

特に凄いと思ったのは、屋根の裏側の彫りです。
見事な装飾に、暑さを忘れて思わず見入ってしまいました。


長くなりましたので、その2に続きます。
ご覧いただきまして、 ありがとうございました。

2017/10/12

なんとなく、津和野



先週のとある日に、妻と津和野の太鼓谷稲成神社に行ってきました。


この日はかなりの快晴で、出かけないともったいないくらいの日和でして、どこに行こうか迷った末、距離的にも丁度良い津和野に行くことになりました。

そして・・・今まで太鼓谷稲成神社には何回も来たことがあるものの、鳥居がある参道を登ったことがなかったですので、いい機会と思い登ってみることにしました。
階段は300段無いくらい、300メートルほど登る、プチ登山です。

DSCF4303_20171012181259db2.jpg

IMGP2159.jpg

IMGP2152.jpg

よく手入れされた鳥居の参道を登るのは、新鮮で良いです♪
なんだか、心が凛とするような、澄んだ気持ちにさせられます。
つまり、普段から邪念が多いと。(自爆)

IMGP2163.jpg

100段も登らない内に、景色の良いところに出ました、最初にくぐった鳥居と、山口線の鉄橋が見えます。
ここからSLを撮ったら、いいだろうな~、と思いつつ、先に進みます。

IMGP2165.jpg

程なくして、お店がありました・・・ここで。

IMGP2166.jpg

お供えの、油揚げを購入~♪

IMGP2167.jpg

神社まで、もうすぐです。

IMGP2170.jpg

タイミングよく列車が来ました、鳥居の柱からカメラをのぞかせて何とか撮れました。
そういえば、最近は出かける度に列車を撮っているような・・・。(^_^;)


無事に階段を登り切りました、良い眺めです♪( ´∀`)
写真を撮ったりしながらでも、20分くらいで登ってこれたと思います。
涼しくなってきたおかげもあって、楽に登ることが出来ました。

DSCF4307_20171012181301c23.jpg

DSCF4310_2017101218130372c.jpg

立派な神社です。
太鼓谷稲成神社は、日本五大稲荷の一つらしいのですが、「稲荷」ではなく、「稲成」という漢字を使うそうです。

願い事が叶うように、という意味を込めて、「成」の字を使っているとのことです。
・・・何回も参拝しているのに、今回初めてそのことに気づいたという・・・。(^_^;)

しっかりお参りをさせていただいて、参道を下っていきます。

IMGP2201.jpg

下りはラクチン、10分かからずに下まで下りました。

IMGP2205.jpg

せっかく津和野に来ましたので、街を散策します。
キンモクセイです、もうこの花が咲く時期なんですね~。
学校に植えられていて、独特なキンモクセイの香りをかぐのが好きだったのを思い出します・・・。

IMGP2213.jpg

そして、津和野と言えば鯉です、吐いて捨てるほど大量にいます。(失礼)

IMGP2218.jpg

でも、その表現がピッタリなほど・・・。

IMGP2225.jpg

大量にいます、しかもでかいのがウヨウヨと。(笑)
観光客がエサをあげるし、天敵も居なさそうなので、こういう風になったんでしょうね~。

大きな鯉がのんびりと泳ぐ姿は、優雅と言えば優雅ですが、なんか違う気がする、津和野の鯉たちでした。(^_^;)

IMGP2230.jpg

たまに観光バスが来て、団体客の方が来られますが・・・基本的に、津和野は静かな街です、のんびりと散策をするには最高の場所だと思っています。
久しぶりに、時間を気にせずゆったりした過ごし方が出来ました。(^-^)

また何度でも、訪れたい街です。


ご覧いただきまして、ありがとうございました。

2017/06/20

新婚旅行 その4


その4です。
旅行から一か月が経とうとしております。(遅筆)

DSCF3886.jpg

十和田湖へとやってきました、物凄く霧が出てますが・・・。(^^;)
景色が望めないですので、次へと進みます。

DSCF3909.jpg

八幡平にやってきましたが・・・がっつり雪が残ってました。
気温は確か10度くらいで、雪が解けていく温度ではありましたが・・・圧雪されているせいか、溶ける気配がありません。

DSCF3913.jpg

八幡平の頂上付近です、数メートル先もよく見えません・・・残念です、まあ、雨が降らないだけましでしょうか。(´・ω・`)

DSCF3918.jpg

時間がおしてましたが、小岩井農場へ。

DSCF3927.jpg

ソフトクリームを食べたところで、タイムアップという・・・急いで食べましたので、写真は撮り損ねました。(^^;)

IMGP1993.jpg

次の日です、花巻の宮沢賢治童話村へやってきました。
ここでは、宮沢賢治の世界観を体験することができます。

IMGP1998.jpg

IMGP2000.jpg

星座を表しているものや・・・。

IMGP2002.jpg

IMGP2004.jpg

IMGP2012.jpg

独特の世界観です、宮沢賢治の小説はあまり読んだことがなかったですが、興味がわいてきます。
一応、この旅行前に銀河鉄道の夜を読んできたのですが、他の作品も読んで来ればよかったと・・・。(^^;)

DSCF3937_201706112156357ee.jpg

こちらは、宮沢賢治記念館です。
宮沢賢治の生い立ちなど、作品よりも宮沢賢治本人の生い立ちを紹介した資料が多かったです。

個人的には、童話村のほうが楽しめました・・・そちらのほうが、子供向けな感じで、難しい文章がなかったですので。(笑)

DSCF3938.jpg

DSCF3945.jpg

昼食はこちらで。
注文の多い料理店をモチーフにしたレストランでした。
まさかの、入り口に塩が置いてあるという・・・。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

メニューは、作品をモチーフにした名前の定食がありましたが・・・その時の気分で選んだ、普通のカツカレーを頂きました。( ´∀`)

以上で、終了です。
東北をじっくりと旅したのは初めてでしたが、景色や人などとても良いところだな~、という印象が残りました。
何より、食べ物全般が美味しい♪(結局それ)

どことなく、九州に近い雰囲気もありました、場所によっては九州を旅しているような感覚になるときもありました。
何にしても、また行きたい、良い場所です、東北。(^-^)


最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。