微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?
トライアンフ タイガー800XC に乗っております。キャンプ場でプリン作ります。(`・ω・´)
三瓶山ツーリング その2


お待たせいたしました、その2です。

DSCF4249_2017092612170049f.jpg

朝、宿の部屋から雲海が見られました♪
昨日とは、うって変わっての快晴です。(^-^)

DSCF4257.jpg

あまりにも天気が良かったですので、三瓶山を一回りしました。

DSCF4270.jpg

森林の中を快走、写真もばっちり撮れ・・・言うことなしです。( ´∀`)

DSCF4280.jpg

三瓶山から近い、石見銀山へとやってきました。
平日のおかげか、観光客はまばらで、ゆっくりと散策が出来ました。

DSCF4282_201709261217087b5.jpg

昔のままの建物が多く、タイムスリップしたかのような、昔の雰囲気を味わえました。

DSCF4287.jpg

郵便局も、昔ながらのポストが。

DSCF4290.jpg

そして、何故か稲が・・・。

DSCF4294_20170926121714ce3.jpg

DSCF4293_2017092612171396d.jpg

ちょっと風変わりな、でも、情緒のある稲の使い方だと思います。
稲を見せるためのスペースとか、斬新です。

DSCF4297_2017092612171505e.jpg

石見銀山から、前日に走った三江線、江の川へとやってきました。
石見川本の駅へとやってきたのですが、ハッピを着た人たちが入り口で出迎えてくれました。

DSCF4300.jpg

廃線の日が近いということで、平日でも毎日観光協会の方?がお出迎えをされているとのことでした。
乗車人員も増えて、多い時には100人を超えることもあるとか・・・遠方からも、乗りに来られるんでしょうね~。

車社会、農村の過疎化・・・時の流れ、仕方のないことではあると思いますが、やはり、廃線になるというのは残念ですね・・・。

バイクでここまで来た輩がこういうのもアレですが。(^_^;)


この後は、日本海沿いの国道9号線に出て、休憩をはさみつつ、帰路につきました。
久々のツーリング、楽しかったです♪
何とか、秋が終わるまでにもっともっと乗りたいところです。(^-^)


ご覧いただきまして、ありがとうございました。

三瓶山ツーリング その1

先週の某平日。
久~しぶりに、タイガーでいつものメンバーの先輩方とツーリングに行ってきました。




*地図は大体です。


今回は、島根県は三瓶山に宿をとる、お泊りツーリングです。(^-^)
山陰の日本海に面する町、益田でメンバーと合流しまして、一路三瓶山を目指して日本海側を東に進みます。

と、ETCの機械に電源が来ていないことに途中で気づきました・・・が、今回は幸いにも無料の高速道路しか通りませんので、無問題です。
・・・今度配線をチェックしないといけません~、隊長曰く、ヒューズが怪しいとのこと。
今現在も、配線の確認はしてませんが、後日確認ということで・・・。
幸い、またしばらくツーリングに出かけられませんし♪(自爆)


曇り空、霞む日本海を横目に走りつつ、江津から山沿いの道に入りまして、江の川沿いの261号線を川上に向かって快走。
この江の川沿いの道、261号線の対岸には、来年3月のダイヤ改正で全線が廃線となります、三江線が走っています。

川本の街で、仕事上がりの先輩と合流。

DSCF4225.jpg

その後、三江線の小さな無人駅、竹駅に立ち寄りました。
民家がぽつん、ぽつんとあるだけの場所にある、山の中の駅です。

DSCF4223.jpg

竹駅だからでしょうか・・・竹が立てかけてありました。(^_^;)

DSCF4227.jpg

列車は一日5本・・・乗り遅れたら、どえらいことに。(笑)

DSCF4229.jpg

DSCF4228.jpg

でも、こんな雰囲気の駅なら、列車を待つのもそれほど苦にはならなさそうです・・・個人的には、こういう雰囲気の駅は好きです♪( ´∀`)


三江線、江の川をさらに登りまして、美郷町へやってきました。
隊長が「すごい大きな家がある」ということで、わき道に入りますと、古い建物を利用した宿を見つけました。

DSCF4240.jpg

DSCF4246_20170926121659d6d.jpg

亀遊亭という旅館がありました。
この旅館は元々、地元の庄屋の家で江戸時代の終わりごろに、本陣に命ぜられた家らしいです。

本陣・・・簡単に言えば、江戸時代の偉い人が(代官とか)泊まる宿の事らしいです。

石見銀山から結構近い場所にありますので、江戸時代のころは、このあたりもかなり栄えていたのかもしれません。

sc_20170920183320.jpg

この後は、急な豪雨に遭遇した後、三瓶山の宿に落ち着きました。
久しぶりのお泊りツーで、しかも久しぶりにお会いする先輩方と談笑、ビールが進む進む。(笑)

この日は生憎の天気で、景色もいまいち堪能できませんでしたが、翌日は快晴のツーリングを楽しむことになるのです♪


その2に続きます、ご覧いただきまして、ありがとうございました。
久しぶりのツーリング記事を書けて、嬉しいです。(笑)

大牟田 三池炭鉱ツーリング その2
2日目です。

エンジン警告灯は点灯したものの、走行自体は普通に走れますので、予定通り午前中は大牟田の世界遺産巡りをします。
早く持っていったところで、すぐには直らないかもしれませんし・・・。(^_^;)

タイガーのことは気になりますが、焦ってもしょうがありません・・・。

DSCF2177.jpg

やってきたのは宮原抗という炭鉱跡です、ここは無料で見学でき、しかもガイドさんが案内をしてくれました。

DSCF2184.jpg

炭鉱の近くには線路跡が・・・枕木だけ残ってますね。

DSCF2187.jpg

大きな施設です。
左の鉄骨の建造物は、地下に降りるエレベーターの設備です。
実に、明治34年(1901年)建造だそうで・・・塗装は定期的にするものの、鉄骨は昔のままで・・・115年もの長き間、壊れずに存在しているらしいです。(^_^;)
昔の人はすごいです・・・何でも、リベット打ちという工法が長持ちしている要因の一つらしいです。

DSCF2191.jpg

ケーブルが伸びていて、その下に・・・。

DSCF2192.jpg

エレベーターがあります。

DSCF2190.jpg

トロッコごと降りれるように、エレベーター内にも線路がついてました。

DSCF2194.jpg

隣の建屋には、いろいろな設備がありました。
最初は蒸気、のちに電力で。

DSCF2196.jpg

DSCF2195.jpg

このでかいワイヤーを動かしていたらしいです。

この設備以外にも、地下水を排水するポンプがあったらしいですが・・・ここがいかに重要な炭鉱であったかが、残っている施設からうかがい知ることが出来ました。

DSCF2199.jpg

移動しまして、万田坑へ。
ここもかなり大きな炭鉱跡です。

DSCF2205.jpg

トンネル発見。(`・ω・´)

DSCF2207.jpg

DSCF2208.jpg

写真で伝えきれませんが・・・Fさん曰く、「ジブリの世界のよう」と・・・確かに、そんな雰囲気のする空間でした。
ここも先ほどの宮原坑と同じく、ここから地下へとエレベーターが降りて行ったところです。

DSCF2214.jpg

DSCF2216.jpg

建屋に入ると、先ほどよりも巨大なワイヤーが・・・。

DSCF2221.jpg

外から見ると、宮原坑よりも大きい設備であることがわかります。
万田坑は有料で、ガイドさんもいますが、設備はまだまだ整備中のように見受けられました。

以上で大牟田の炭鉱巡りは終了です・・・昔の人の苦労があって、今がある・・・ちょっとだけ、近代化を駆け抜けた日本人の方々に触れ合えた気がしました。

DSCF2225.jpg

お昼は、柳川でうなぎのせいろ蒸し♪

DSCF2227.jpg

柳川といえば川下りが有名ですが、最近で言えば大相撲の琴奨菊関がここで水上パレードをしましたね~。(^-^)

DSCF2228.jpg

店先のねこ。( ´∀`)

さあ、それではトライアンフ福岡へと向かいます。
道中でKさん、Mさんとお別れして、Fさんと二人でお店に行きました。


お店での写真はないですので、文字ばかりになりますが・・・。(^_^;)

エンジン警告灯が点灯した理由は、ギアポジションセンサーの故障でした。


事の始まりは、去年の北海道ツーリングでした。
何日目かに、ギアの表示がおかしくなったのです・・・例えばですが、6速に入れたのに5速表示とか、1速にしたのにニュートラルのままとか・・・。
とりあえず走るのに問題ないので放置していましたが、(最寄りのディーラーもなくなりましたし)最近だんだんひどくなってきてまして・・・ついに、コンピューターが異常だと検知したようです。(^_^;)

エラーを消してもらって、センサー部分あたりにグリスアップしてもらい、無事に症状を改善することが出来ました。( ´∀`)
・・・初期に作られたこの型のタイガーは、こういった症状が起こることがあるらしいです・・・。
つまり、今の新車のタイガーは対策がなされ(以下略)

あと、ECUのプログラムをアップデートをしてもらいました・・・定期的に、ECUのプログラムがバージョンアップしてるらしいです。
で、バージョンアップ後の走りは・・・。

出だしがスムーズになった気がします♪
低回転がトルクアップしたような感じで・・・エンジンが以前よりも、なんとなく滑らかに回るような印象でした。(^-^)

プログラムを書き換えるだけで、こうも変わるとは・・・今どきのバイクはすごいですね~。(^_^;)
なんにしても、軽症でよかったです・・・昨夜は、エンジン全バラも覚悟しましたので。(笑)

DSCF2229.jpg

エンジン警告灯も消えて、人もバイクも無事帰着です。
忙しくて、手入れがおろそかになってましたので・・・すねたのかもしれませんね。(^_^;)
タイガーの機嫌を損ねないように、頑張ります。( ´∀`)

タイガーの故障にはびっくりさせられましたが、全体的には楽しめたツーリングとなりました。
特に、珍しい炭鉱跡を見れたのは良い経験となりました♪


ご覧いただきまして、ありがとうございます。