微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?
トライアンフ タイガー800XC に乗っております。キャンプ場でプリン作ります。(`・ω・´)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大牟田 三池炭鉱ツーリング その2
2日目です。

エンジン警告灯は点灯したものの、走行自体は普通に走れますので、予定通り午前中は大牟田の世界遺産巡りをします。
早く持っていったところで、すぐには直らないかもしれませんし・・・。(^_^;)

タイガーのことは気になりますが、焦ってもしょうがありません・・・。

DSCF2177.jpg

やってきたのは宮原抗という炭鉱跡です、ここは無料で見学でき、しかもガイドさんが案内をしてくれました。

DSCF2184.jpg

炭鉱の近くには線路跡が・・・枕木だけ残ってますね。

DSCF2187.jpg

大きな施設です。
左の鉄骨の建造物は、地下に降りるエレベーターの設備です。
実に、明治34年(1901年)建造だそうで・・・塗装は定期的にするものの、鉄骨は昔のままで・・・115年もの長き間、壊れずに存在しているらしいです。(^_^;)
昔の人はすごいです・・・何でも、リベット打ちという工法が長持ちしている要因の一つらしいです。

DSCF2191.jpg

ケーブルが伸びていて、その下に・・・。

DSCF2192.jpg

エレベーターがあります。

DSCF2190.jpg

トロッコごと降りれるように、エレベーター内にも線路がついてました。

DSCF2194.jpg

隣の建屋には、いろいろな設備がありました。
最初は蒸気、のちに電力で。

DSCF2196.jpg

DSCF2195.jpg

このでかいワイヤーを動かしていたらしいです。

この設備以外にも、地下水を排水するポンプがあったらしいですが・・・ここがいかに重要な炭鉱であったかが、残っている施設からうかがい知ることが出来ました。

DSCF2199.jpg

移動しまして、万田坑へ。
ここもかなり大きな炭鉱跡です。

DSCF2205.jpg

トンネル発見。(`・ω・´)

DSCF2207.jpg

DSCF2208.jpg

写真で伝えきれませんが・・・Fさん曰く、「ジブリの世界のよう」と・・・確かに、そんな雰囲気のする空間でした。
ここも先ほどの宮原坑と同じく、ここから地下へとエレベーターが降りて行ったところです。

DSCF2214.jpg

DSCF2216.jpg

建屋に入ると、先ほどよりも巨大なワイヤーが・・・。

DSCF2221.jpg

外から見ると、宮原坑よりも大きい設備であることがわかります。
万田坑は有料で、ガイドさんもいますが、設備はまだまだ整備中のように見受けられました。

以上で大牟田の炭鉱巡りは終了です・・・昔の人の苦労があって、今がある・・・ちょっとだけ、近代化を駆け抜けた日本人の方々に触れ合えた気がしました。

DSCF2225.jpg

お昼は、柳川でうなぎのせいろ蒸し♪

DSCF2227.jpg

柳川といえば川下りが有名ですが、最近で言えば大相撲の琴奨菊関がここで水上パレードをしましたね~。(^-^)

DSCF2228.jpg

店先のねこ。( ´∀`)

さあ、それではトライアンフ福岡へと向かいます。
道中でKさん、Mさんとお別れして、Fさんと二人でお店に行きました。


お店での写真はないですので、文字ばかりになりますが・・・。(^_^;)

エンジン警告灯が点灯した理由は、ギアポジションセンサーの故障でした。


事の始まりは、去年の北海道ツーリングでした。
何日目かに、ギアの表示がおかしくなったのです・・・例えばですが、6速に入れたのに5速表示とか、1速にしたのにニュートラルのままとか・・・。
とりあえず走るのに問題ないので放置していましたが、(最寄りのディーラーもなくなりましたし)最近だんだんひどくなってきてまして・・・ついに、コンピューターが異常だと検知したようです。(^_^;)

エラーを消してもらって、センサー部分あたりにグリスアップしてもらい、無事に症状を改善することが出来ました。( ´∀`)
・・・初期に作られたこの型のタイガーは、こういった症状が起こることがあるらしいです・・・。
つまり、今の新車のタイガーは対策がなされ(以下略)

あと、ECUのプログラムをアップデートをしてもらいました・・・定期的に、ECUのプログラムがバージョンアップしてるらしいです。
で、バージョンアップ後の走りは・・・。

出だしがスムーズになった気がします♪
低回転がトルクアップしたような感じで・・・エンジンが以前よりも、なんとなく滑らかに回るような印象でした。(^-^)

プログラムを書き換えるだけで、こうも変わるとは・・・今どきのバイクはすごいですね~。(^_^;)
なんにしても、軽症でよかったです・・・昨夜は、エンジン全バラも覚悟しましたので。(笑)

DSCF2229.jpg

エンジン警告灯も消えて、人もバイクも無事帰着です。
忙しくて、手入れがおろそかになってましたので・・・すねたのかもしれませんね。(^_^;)
タイガーの機嫌を損ねないように、頑張ります。( ´∀`)

タイガーの故障にはびっくりさせられましたが、全体的には楽しめたツーリングとなりました。
特に、珍しい炭鉱跡を見れたのは良い経験となりました♪


ご覧いただきまして、ありがとうございます。
スポンサーサイト
大牟田 三池炭鉱ツーリング
3月24日、木曜日。
この日、久々の泊りツーリングに行ってきました。


*地図は大体です。

朝方少し雨に降られたものの、それ以降は帰宅するまで良い天気に恵まれました♪
ただ、天気が良い割には肌寒く・・・念のためと、真冬の装備で出かけたのですが正解でした。(^-^)

今回の参加者は、ツーリング部隊長のKさん、自分のバイクの先生ことFさん、そして車で宿集合のMさんと自分の4人です。
初日は実質、3人でのツーリングとなりました。

DSCF2126.jpg

関門トンネルをくぐり、都市高速を使ったりしてやってきたのは福岡県の太刀洗というところです。
高速の鳥栖インターに近い場所でもあります。

甘木鉄道の太刀洗駅に飛行機が展示されてましたので、停まってみた、の図です。(^_^;)
太刀洗は、旧日本陸軍の太刀洗飛行場がありました、今回は行きませんでしたが、駅の向かいには平和記念館があります。

ちなみに写真の飛行機は、自衛隊の練習機・・・だったと思います。(多分)

DSCF2128.jpg

太刀洗には飛行場の名残となる施設はほぼ残っていないようでして・・・こういった、門や壁等が残っているだけでした。
かつての飛行場は、その大部分が住宅街となっているようでした。

ですが、門だけでもここが普通の場所ではなかったことを雰囲気的にうかがい知ることが出来ました。

DSCF2135.jpg

DSCF2143.jpg

久留米IC近くのうどん屋さんで昼食後、高速で南関ICへ。
やってきたのは、大牟田にあります三池港の旧長崎税関三池税関支署です。

去年、明治日本の産業革命遺産、ということで、日本に点在するいろいろな施設が世界文化遺産として登録されたことは、記憶に新しいことかと思います。
ここ大牟田に、三池炭鉱という炭鉱関連の施設があります。
かつては、大量の石炭を採掘していたそうです、その施設があちこちに今も残っています。

DSCF2147.jpg

ここの岸壁に船をつけて、石炭の積み下ろしを行っていたようです。
なお、炭鉱から港までは専用の鉄道がありました。

DSCF2151.jpg

少し移動しました、写真中央にある門のようなものは・・・満潮で門開け、干潮で門を閉じて湾内の水位を高く保っていたそうです。
船は満潮の時に湾内に入り、次の満潮で出航したそうです。(間違っていたらすいません)

DSCF2153.jpg

昔はにぎわっていたのでしょうが、今はのどかな港となっています・・・。

DSCF2155.jpg

移動しました。

DSCF2156.jpg

DSCF2157.jpg

かつての炭鉱を、公園として整備したところです。

DSCF2160.jpg

このトロッコで下に降りたらしいです・・・小さくて、自分が乗れる自信はないです。(笑)

DSCF2166.jpg

DSCF2167.jpg

公園から見下ろす工場の敷地内に、稼働していそうな線路がありました。
古そうな機関車がありました、もしかしたら炭鉱で使われていたものかもしれません。


さて、いい時間になってきましたので、宿へと向かいます・・・。















DSCF2172.jpg

!?( ゚Д゚)




これは、これは・・・給油ランプではないとですね?
エンジンの絵が書かれたランプが付いてマスネ?
ということは、エンジン警告灯が付いているということでありますか?


アカン。(((( ;゚Д゚)))


いや、いや、落ち着け、走っている感じは異常無いし、とりあえず信号待ちでエンジンを切ってみて・・・再始動!








DSCF2172.jpg

消えん。( ´Д⊂ヽ


とりあえずそのまま走り宿へ・・・。
トライアンフ福岡に電話して、次に日にもっていくことになりました・・・。(´・ω・`)

結果から言うと、大した事象ではなかったのですが・・・長くなりますので、次回に続きます。(^_^;)


ご覧いただきまして、ありがとうございました。
平戸ツーリング
DSCF5058.jpg

だいぶ暖かくなってきましたね~、実家ではつくしが生えてきました。
( ´∀`)
子供の頃は、田んぼに生えたやつを根こそぎ収穫して、佃煮にしたやつを食べたりしてました。


さて、26、27日と九州は平戸へツーリングに行って来ました。



*地図は大体です。

DSCF5090.jpg

メンバーはいつものツーリングメンバーで・・・自分の倍くらいのご年齢の方に引っ付いて走ります。
しかし、あいにくこの日は一日中雨でして・・・高速を使い、早々に宿に退避します。(^_^;)

DSCF5092.jpg

退避中。(`・ω・´)

DSCF5098.jpg

DSCF5102.jpg

次の日、雨が上がりましたので真面目に観光します。(爆)
生月(いきつき)大橋です、昔は有料だったそうですが今では無料で渡れます。

DSCF5104.jpg

生月島の西側の海岸線の道を行きます、この道はとても走りやすく景色も抜群に良くて最高でした♪
このあたりなら、夕日も望めそうですし良いポイントです。(^-^)

DSCF5110.jpg

島の北端にある灯台です、名前の由来が気になる・・・。(^_^;)

DSCF5113.jpg

小さい灯台ですが、登ることができました。
見事な海岸線でした♪

DSCF5116.jpg

生月島から平戸に戻りまして、平戸ザビエル記念教会堂へやってきました。
壁は緑に塗られています、あまり見たことがない配色な気が・・・。

DSCF5117.jpg

教会から平戸城が見えました、せっかくなので行ってみることになりまして・・・。

DSCF5123.jpg

内部は5階建てだったと思います、丘の上にありますので、

DSCF5127.jpg

景色は良いです♪
この辺りはのんびりした感じで、昔もそんな感じだったのではと勝手に想像してしまうほど、自分好みの場所でした。

DSCF5132.jpg

ちなみに、お城は昭和に入ってから再建されたそうですが、北虎口門は当時のままだそうです。
この扉とは別に、お城の中に当時のものと書かれた扉が展示されていますので、扉だけは後から作られた物かもしれません。

DSCF5133.jpg

桜が咲いてました、この日は暖かくていい日和でした。
お弁当を持ってきたい気分にさせられます。

DSCF5134.jpg

最後に伊万里から北にあります、福島という島へやって来ました。
何となく、瀬戸内の雰囲気がある景色です。
ここものんびりした感じで、走るのは快適です・・・ただ、島の北端あたりは道が狭いですのでご注意を。(^_^;)


その後は高速を使って無事帰宅でした。
2日間の走行距離、約550キロです。


ご覧いただきまして、ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。